MENU

妊娠中のカンジタって治るのか?

 

妊娠をしてから、デリケートゾーンの痒みが気になるようになって、先生に診てもらってわかったカンジタ膣炎。
この前、また妊婦検診があったんだけど、痒みはまだまだ残ってるって先生に訴えてみた。そしたら、妊娠中のカンジタって治りにくいというか、治療と再発を繰り返す傾向が強いんだって…。あと数カ月、出産までこの痒みと戦わなきゃってことなの?
妊娠って色々なトラブルがあるって聞いてたけど、カンジタ膣炎に悩まされることになるとは思いもよらなかった。

 

カンジタ膣炎とは、女性にあらわれるカンジタ菌による症状として知られている病です。カンジタ膣炎は女性が発症する病ですが、男性のカンジタ症と比較してもそのリスクは非常に高いものがあります。再発率が高い厄介な病としても知られており、病院に通っていてもなかなか治らないこともある病です。個人の生活習慣の見直しなどが大きな影響を与えることもあるため、薬だけに頼るのではなく自分の意識を変えることも必要となってきます。

 

 

カンジダ膣炎の治療

 

カンジダと言う通名でよく聞くカンジダ膣炎ですが、適切な治療
で直ぐに治っっちゃうって知ってますか?

 

私がカンジダ膣炎になった時のお話です。

 

最初、真剣に彼氏に性病をうつされたのでは?と心配になった
のですが、問い詰める訳にもいかなかったので、恥ずかしかった
けど、専門の病院に行って見てもらいました。

 

そこで先生から言われた病名が「カンジダ膣炎」でした。

 

カンジダ膣炎の特徴は性行為での感染は稀にはありますが、殆ど
の場合は本人の免疫力低下により、本来はとっても弱い常在菌の
カンジダ真菌と言う膣内の菌が体力の低下などの原因で異常に
増えてしまい発症するとの事でした。

 

軽いカンジダ膣炎の場合は膣内の善玉菌が元々弱いカンジダ真菌
を抑えてくれて自然に治癒する場合もあるそうですが、私の場合
は症状が進み過ぎた様で治療をして貰いました。

 

治療は簡単で、膣内の洗浄をしてもらい錠剤を挿入され、外陰部
の痒み用に塗り薬を出してもらっただけでした。

 

思った以上に早くカンジダ膣炎が治り、思い切って病院に行って
本当に良かったと思います。